婚活 AtoZ

結婚相談所の選び方【男性向け】

結婚相談所がたくさんありすぎて、選び方がわかりません。

サルさん
カウンセラー

結婚相談所を選ぶときに大事なポイントは、①会員数、②カウンセラーの2つ。まずはそこを見てみましょう。

結婚相談所の選び方【男性カウンセラー体験談】

結婚相談所を選ぶときのポイントは①会員数、②カウンセラーの2つをみましょう。

会員数は、少なくとも5万人以上いる所を選びましょう。理由は、男女会員数が半々だとすると、5万人いても紹介可能な異性の会員数は2万5千人程度になるからです。さらに、住まい年齢その他の条件、で絞っていくと、自分の相手になる可能性がある人は1000人前後になると思います。

料金で選ばない方がいい【失敗のもと】

結婚相談所を選ぶときに、料金で選ぶのはやめましょう。

金銭的な負担を軽くするため、なるべく安い所を選びたくなる気持ちはわかります。

しかし、「料金が安い=サポートが頼りない」、この図式は必ず成立しています。

いくら安くても、結婚相手が見つからなければ、そこでかけたお金と時間はまるごと無駄になります。

成婚率はあてにしない

成婚率は、根拠となる具体的な資料が表示されているのでない限り、あまり当てにしない方がよいです。

一定の信頼ができるのは、上場企業のIR情報など、責任が生じる資料のなかに書いてある数字です。

結局のところ、「その人が成婚できるかどうか」はその人個人の資質によるところが大きいので、相談所全体の成婚率にあまり意味はありません。

「成婚率〇〇パーセント以上」と同じ広告を何年も出している所がありますが、逆にそういう所は避けた方がよいです。

自分の価値を信じてくれるカウンセラーを選ぶ

入会時に、「年収」「年齢」など成婚しやすい条件を満たしていないと、会員にネガティブな評価をするカウンセラーがいます。そういうカウンセラーにお世話になるのは、やめた方がよいかもしれません。

あなたの長所をきちんと理解してくれる相談所を選びましょう。

「ネガティブ評価」と「現実的な評価」は異なります。良いことだけしか言わないカウンセラーもそれはそれで問題です。

実際に相談してみて、アドバイスがピンとくるカウンセラーを選ぶ

カウンセラーにも個性があり、どんな会員さんとも相性が良いわけではありません。

例えば、具体的なアドバイスをするのが得意なカウンセラーもいれば、共感するのが得意なカウンセラーもいます。

前者は、男性カウンセラーに多く、後者は女性カウンセラーに多い印象です。

共感をしてもらいながら、活動を進めたいのに、共感するのが苦手なカウンセラーを選んでしまうと、活動中ずっとストレスを抱えることになってしまいます。

また、逆に、具体的なアドバイスが欲しいのに、具体的なアドバイスが苦手なカウンセラーを選んでしまうと、活動中ずっともどかしさを抱えていくことになるでしょう。

選んではいけないカウンセラー

若い未婚のカウンセラー

美人の若いカウンセラーさんがいる相談所が気になっている男性は気を付けてください。
あなたが結婚するのは、そのカウンセラーさんではありません。

自分との相性、自分が何を必要としているかについて、よく考えてから入会に進みましょう。

特に、そのカウンセラーさんが未婚だった場合は、要注意です。
未婚のカウンセラーさんがあなたにしてあげられることは、多くないかもしれません。

婚活をしたことがないカウンセラー(婚活知識が乏しい)

ご自身が婚活をしたことがないカウンセラーは、避けた方が良いと思います。
ただし、結婚相談所での活動に限らず、結婚のために何か活動をしたことばあれば安心できますね。


婚活をしたことがないカウンセラーにアドバイスを求めるのは、例えるなら、そのスポーツをしたことがない人に、そのスポーツのアドバイスを求めるようなものです。

共感が苦手なサービス業に向かないタイプのカウンセラー

「前職はゲーム会社の経営をしていました」などと聞くと、ゲーム好きの会員さんは入会したくなるかもしれません。カウンセラーさん本人の資質以外で選ぼうとする場合は、要注意です。

中には、人とのコミュニケーションが苦手、人と接するお仕事をした経験がない、など、カウンセラーに向いてない方もいます。

特徴としては、上から目線で話す本人の思い込んでいる理想的な活動ばかり押し付けてくる~べき論で話す、などといったケースがあります。

こんなカウンセラーさんでは、活動自体がストレスになって、長続きしません。絶対に避けるようにしましょう。

結婚はしているけど、草食系、人生経験にも、恋愛経験にも乏しいカウンセラー

大手相談所のカウンセラーに多いです。気軽なアルバイトでカウンセラーをしているためか、婚活体験がなく、婚活知識も十分でないカウンセラーさんが散見されます。

定年退職をして、社会とのつながりが欲しいだけ、あまり働く気がないカウンセラー

結婚相談所を開業する方のなかには、上のような方も存在しています。裏話になりますが、結婚相談所連盟側の開業者募集トークで、「結婚相談所をひらけば緩やかに社会のつながりをもっていられる」「老後資金は銀行に預けておくより、結婚相談所開業に充てた方が利回りがいい」というのを聞いたことがあります。

この営業トークで開業される年配のカウンセラーさんは働く気があまりなく、相談所も休みの日が多かったり、営業時間が短かったり、仕事が遅かったりする傾向がありますので、こういった相談所は避けた方が無難です。

面談してくれる相談所を選ぶ

多くの方の成婚をサポートしてきた経験からいうと、自己流の婚活は、ほとんどの方が失敗します。

カウンセラーと二人三脚で婚活をすることが、良い活動をするためには、とっても大切です。

結婚相談所の中には、面談不可電話は最大5分まで、メールでのやりとりのみ、といった方針をとっている所があります。

すでに基本的な信頼関係が築けていて、短時間の電話やメールのみで、アドバイスを受けることができるのであれば問題なしですが、そうでない場合は、面談してくれない相談所はさけましょう。

-婚活 AtoZ